煌髪(キラリ)のデメリットとは?

煌髪(キラリ)のカラーバリエーションは2色と少なく、髪色が限定されてしまうのが少しさびしいですね。

臭いは可でもなく不可でもなくというところでしょうか、好みにもよりますが、少し香りが強いと感じる方もいるようです。

10分で染まるのでお手軽だと言いますが、実際には10分以上経たないとしっかりと色が入らないようなので、とくに使い始めのころはしっかり時間をおいたほうがよさそうです。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めと異なり、ヘアキューブが髪に浸透することで髪を染めるものなので、洗髪するたびに色落ちするヘアマニキュアよりは色持ちが良いようです。

しかし、一般的な白髪染めに比べれば色の入りは弱く、数日間使用を続けて徐々に黒くなっていく感じです。その後色持ちを継続させるためには、トリートメント感覚で毎日洗髪後に使用する必要がありそうです。

科学的な染毛による髪のダメージを受けたくないならば煌髪(キラリ)は良いと言えますが、染毛にこだわるのであれば美容院での白髪染め、または一般的な白髪染めを使用したほうが良いでしょう。

以上のことより、煌髪(キラリ)のデメリットは、一般の白髪染めにくらべ染まりにくく色持ちが短いことのようです。

煌髪(キラリ)のメリットとは?

聖マリアンナ皮膚科学研究チームが開発した煌髪(キラリ)は、新発想の白髪用カラートリートメントとして誕生しました。

そのポイントは、白髪を染めながらも、髪を守り、髪にハリやコシを与えることと、手軽に使用できることです。

一般の白髪染毛剤は、髪表面のキューティクルを開く形で染毛していくので髪のダメージが気にかかりますし、ヘアマニキュアはキューティクルは守りますが、洗髪時の色落ちにより色持ちがあまり良くないところが気になります。

この二つの悩みを解消するのが、煌髪(キラリ)のヘアケアキューブです。

ヘアケアキューブは染料とともに、頭皮と髪を保護する成分や髪を補修する成分である「髪を育む成分」を髪の内部に浸透させます。その結果、白髪を染めながら髪の健康を維持します。

手袋いらずで使用できる煌髪(キラリ)は、10分で染まるという手軽さが人気のポイントのひとつです。

また、染め始めの数日は乾いた髪に使用し、色が落ち着いてきたら濡れた髪にトリートメント代わりに使用する方法をおすすめしています。

以上のことから煌髪(キラリ)のメリットは、ヘアマニキュアとくらべて染まりやすく、白髪を染めながら髪の健康を促してくれることと言えるでしょう。