モイスト系のクレンジングシャンプーと比べてみると


極匠スカルプシャンプーには、あえて髪にいいとされる薬用成分、天然成分は配合されておらず、クレンジングのみの役割を果たすようにシンプルに作られています。

ですので、洗い上がりにきしみを感じる人も多いようですがそれは、クレンジング作用が優先しているからと見ていいでしょう。

それに比べて、ヴェフラモイストクレンジングシャンプーは洗浄力の他にモイスト効果が加えるために
真珠エキスをはじめとして9種類の有用成分も含まれているので
洗い上がりのきしみはありませんが、それで本当に頭皮がクレンジングされているかというと疑問が残ってしまうところがあります。

極匠スカルプシャンプーの場合は、クレンジング力に拘っているので、頭皮をまずすっきり洗浄したい人にはおすすめなクレンジングシャンプーです。
髪に有効な成分を与えるのは、クレンジングをしてから、しっかりと汚れを洗い流してからの方が好ましいと言えます。

しかし、洗い上がりのきしみが嫌な人はヴェフラモイストクレンジングシャンプーのようなモイスト感も大切にしたシャンプーを選ばれると良いでしょう。

抜け毛が気になりはじめたら?
抜け毛・薄毛予防対策「極匠スカルプシャンプー」

コメントを残す